肌の色をワントーン上げる方法

スキンケア

夏だし、肌の色を明るく見せたい!
夏だからこそ肌に透明感を出したい!

そんな悩みを抱えている人もいるのでは・・・?

顔色に大きく影響してくる肌のくすみ。
顔の色が暗いと、印象もどこか下がってしまいますよね。

肌の色を明るく見せるにはどうしたらいいのでしょうか。

気になるくすみ

まずくすみの原因として考えられるのは、
血行不良やメラニン増加、角層の水分不足などがあげられます。

これから暑くなってくる季節はとくに、
冷房を基本とした生活になります。
体冷やしすぎてしまうと、血行不良の元になってしまいます。

また、紫外線対策は「用心深く」です。
体内に必要以上にメラニンが増加すると、
シミやくすみの原因になります。

そしてくすみは、乾燥してしまうことで
なり得ることもあるのです。

乾燥すると、肌のキメが乱れ
角層に光が入りづらくなってしまうため、暗く見えてしまうのだとか・・・。

やはり乾燥は肌トラブルにおいての元凶になってきますね。

くすみ対策

そんなくすみの対策としては、
バランスの整った生活や食事の安定です。

ビタミンからタンパク質まで、
充分な睡眠と適度な運動で血行を良好にすることが大事ですね。

そして紫外線対策。
梅雨が明ければ、夏はすぐそこです。
一気に気温が上がる中、日差しが強くなってくるので
しっかりと日焼け止めで肌を守りましょう。

日焼け止めは長時間効くわけではないので、
こまめに塗りなおした方がいいと思います。

また、古い角質や空気中に浮いている汚れなど
綺麗に洗顔することです。

肌に汚れが残っている状態が続くと、
毛穴つまりになってしまいます。

毛穴につまってしまうとなかなか取るのは
難しくなってきますよね。
それが角栓になってしまい、黒ずみの原因に。
肌の色を落としかねません。

肌に刺激性の少ない洗顔フォームで、
汚れはしっかり取り除きたいですね。

洗顔が終わったらすぐに保湿です。
肌の水分が蒸発してしまう前に、
潤いを補給して乳液でバリアをしましょう。

乾燥をさけるためにスキンケアは怠れません。

最後に

肌のくすみは日ごろのスキンケア次第で
なくすことができます。

夏だからこそ、透明感のある白さへ
明るい印象を持ちたいですね。

タイトルとURLをコピーしました